2015年総括と2016年に向けて

こんにちは!
今年はレアキャラと化していた霧島アキです。(^o^*)

もともと顔を名前を一致させることが苦手で専門職派ではあるのですが、最近では顔を拝見しても、ボトルタグを見ても、チェキを見てもまったく名前がわからないという・・・いいのかこれで!?状態になりました。それもこれも我がマゼンタの姫達が頼もしいおかげですね。(笑)なので、お客様がた、私が名前を覚えていなくても怒らないでね?(・▽≦)

さて、すでに年内の営業を終え昨日から休暇になっていますので、店内とサイトのメンテナンスをしています。

お休みの間にしかできないことをたっぷりやろうと張り切った結果、赤兎馬の瓶を棚から移動する際に床に落とし、バリバリに割りまして!(泣)当然のごとく掃除をしたわけですが・・・なんと、吸い込んだアルコール?で悪酔い状態になりました。めまいと動機と吐き気がどんどんひどくなり二時間後には立って歩けない状態に。アルコールって吸い込んだだけで効果あるんですねぇ。

一滴も飲んでいないのになぁ。( ̄∇ ̄*)

余談はさておき。
手探りの一年目を経て、勉強しながら営業してきた二年目です。開店当初「一年で潰れても仕方ないかな?」と思っていたお店ですが、来年もなんとかやっていけそうな気がするので・・・少しずつレベルアップを目指したいと思います。

長文になりますが、マゼンタのことをもうちょっと知りたいとか、今までお店で直接お話しできなかったお客様、もしくはお暇と忍耐があるお客様などいらっしゃいましたら、読んでみてくださいませ!

まずはこだわりの部分です。
ガールズに不評なウイスキーコレクションですが、これは減らすつもりはまったくありません。(笑)限定品が多数あるので一本限りという扱いもありますし、なんだか怪しいボトルもありますが、一本丸ごとじゃなくショットで飲めるからこそ試せる、そういうお酒ほどバーに相応しいと考えていますので、これからもマニアックにいきます。ガールズ、お酒のラベルを読んで注ぐだけでいいんだから、嫌わないでね?(〃▽〃)

ホワイトスピリッツやラム、テキーラ、リキュール類は少し減らしてシロップをメインに変更予定です。このあたりのボトルは今までもこれからもキープできません。
そして焼酎は「赤」に種類を絞っています。おおよそ赤は限定品なのでメーカー在庫切れを起こすことがあります。それを楽しみながら飲んでもらえるといいな。たまにプレミアム焼酎があったりもします。こちらはショットでの提供をしていませんので、見つけたもの勝ちでキープをお願いします。

シャンパーニュもベーシック(在庫)とプレミアム(一本限り)に分けて扱っていきたいなぁと思います。シャンパーニュ以外のスパークリングはイベント時のみでボトルでの提供はしません。どんなに美味しくても価値があっても!取り扱いは「シャンパーニュ」と決めているので、それ以外はメニューに載せるつもりはありません。

ワインと日本酒は、私の中で「食事とともにあるお酒」だと思っているので、今までと同じく、取り扱いなしです。

次はイベントかな。
イベントについては、四季折々にやっていきたいと思っていますが、基本ガールズがやる気の時に♪やります。お手軽なコスプレイベントはちょこちょことはさんでいこうと思っていますので、お楽しみに。ただし、バーとしての本来の仕事が出来ないようなコスプレはなしね。あくまでもバーテンダーとして動ける範囲でやっていきます。

サービスで変える予定なのは「チェキの掲示」で、これは2016年の1月から1枚ずつ(現行2枚)撮るように変更します。

装備は入口の扉をインターフォン式に変更したいと思っています。まだ打ち合わせの段階なので工事がいつになるかわからないのですが、来年早々にと思っています。会員制に変更するわけではなく、泥酔した方やトイレだけ使って消える不審者などを(!)避ける意味でもあります。

あと、ひとつしかないトイレの鍵も、もうちょっと使いやすいものに変える予定です!(笑)

細かいところを言うと、ダサい感じののれんとか、壊れかかってるタオルウォーマーとか、遠くて不便な冷凍庫とか、寄りかかると倒れる棚を買い替えるとか!いっぱいありますが、のちのちね。(^◇^)~♪

ここからは感覚的な部分です。
一般的には出店のときが一番大変だと思われがちですが、わずかな時間に多大なエネルギーを消費する出店よりも、継続していく営業のほうが数倍難しいことです。決して退くことなく下がることなく、経験や知識をほんのわずかでも!日々必ずなにかを積み上げていくこと。

ただ営業しているだけでは店も人も経年劣化するんです。そうそう筋肉も美も記憶力も劣化p(T▽T)q・・・じゃなくて!何事も努力し続けなくてはなりませんし、まあ、世間というのは個人に合わせて進むわけではないので、こちらが世間に合わせて進みながらも経験を積み重ねていかなくちゃいけないわけです。だからといって眉間に皴を刻んで考えるんじゃなくて、より笑顔が増える方向に進化し続けるために頑張っていけたらいいかなぁと考えています。

 

そして。
ここからは従業員さんに向けて。

私は店内でミーティングなどをしないので、こういったことは途切れた言葉にするしかなかったけれど、大好きな三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE (正式名称ながっ) の今市隆二君も「伝えなきゃ 思っていないのと同じ」とPRIDEという自身の作詞で歌っているので(笑)書いてみることにしました。

私の仕事は、お酒を正価で買わずに安く、つまり原価率を抑える努力をする、といったようなことです。

安易に上代をあげればお客様に迷惑をかけ、店でかぶれば従業員が忙しく働いても見合う対価を支払えないので、適正に仕入れ、適正に提供し、適正に回収し、適正に分配することを、続けられるように運営することを掲げ、私の責任で決めることです。だからいつも閉めることを考えながら営業しています。つまりは最悪の状況をイメージしながら、そこに辿りつかないように、と考えているわけです。

お店にいなくても、サイトやTwitterやFacebookを途切れなく更新するとか、換気扇や下水や冷蔵庫の底などの掃除を怠らないとか、備品の補充や装備のチェック、メニューや印刷物のデザイン制作、毎日の発注、イベントの準備と開催、システムやサービスの変更といった仕事はあります。それらの目に見える仕事もあるけれど、なによりも。

例えば「グラスをブランドもの」とか、「灰皿を名前入り」とか、「制服を揃えたい」とか、「内装を工事」とか、一時の出費でグレードアップ!カッコつけることはできるけれど、本当にそれが必要か?と考え、企画し、決断し、責任をとることが私の仕事なんです。

外注すれば簡単にできることがたくさんあるけれど、それだけの費用をかけたら、回収はお客様にお支払いいただくしかないんですよ~(笑)政治家みたいに「お金足りないから税金アップする~」ってわけにはいかないし、お金を出してくれるパパもいないので、ちゃんと収支を合わせなくちゃいけないんです。

もちろんものすごく売上が上がればいろいろできるけれどね、疲れるでしょ?疲れたら続かないでしょ?人間、そんなに毎日気合いを入れて生きていけないからね。ほどほどが大事。だけど、劣化したら、じわじわとダメになるのよ。ほんとアンチエイジングも大事なんです。(^^;;)

経営者として見栄を張りたいところも欲張りたいところもあるけれど、外側じゃなくて内側がキチンとしていることに集中しようと考えています。

お店が存続することに意味があるとすれば、それは従業員もお客様もなにも心配せずに楽しい時間を過ごせる場を提供するということ。その環境を創りあげるためにどうしたらいいのかを考え、決断し、調べて、実行して、責任を持つ。そして全てのバランスが崩れてしまわないように気を配り続けること。

それらがマゼンタを「私の店」と言える自信になるわけです。

今年はお客様からも従業員からもいろいろな意見をもらいました。ありがたいご意見も、大きなお世話も、反省するようなこともありました。その中で必要と感じたことは積極的に取り入れていきます。反対に不必要と感じたことについては、どれだけ素晴らしく感じることでも取り入れるつもりがありません。

だって「私の店」だからね。

まあ、あんまり大げさでカッコイイことを言うとなんだかムズかゆいのですが、ようは自己満足なんです。扉を開いたときに従業員もお客様も笑顔だと私が嬉しいんです。なので、実現可能かつ採算が合い、面倒すぎないご意見がありましたら、どうぞ私、霧島アキまでお願いします。ъ(^ー^)あ、難しいのと面倒くさい意見はいらないです。

長文おつきあいいただき、ありがとうございました。
来年も笑顔溢れるお店になりますよう努力していきますので、よろしくお願いします。(^-^)/~

 

https://youtu.be/U91vVd3JuzI

 

動画は 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE の 「PRIDE」です。ボーカルの今市隆二君が初めて作詞した歌です。